肌の保湿力を維持するには過度の洗顔は禁物

美肌のためには、お肌の保湿力を維持することが必要ですが、間違ったスキンケア方法をしている人います。きれいな肌でいたいがためにスキンケアを熱心にやりすぎて、逆に肌を傷めてしまうということがあります。間違ったスキンケア方法では保湿をするどころか、お肌の乾燥が増して、いろいろな肌トラブルを招いてしまうことがあります。

そもそも肌には自前の保湿性能がありますので、一から十まで手を貸さずともある程度の保湿はできます。顔の洗いすぎが原因で肌トラブルが起きるのはよくある話です。保湿のためにはお肌に残しておきたい角質層の部分まで、洗顔によって除去してしまうこともあります。古くなった角質は、自然に垢としてとれていきますので、何度も洗顔は必要ないのです。洗顔には、洗顔料の種類や顔の洗い方など迷う部分も多いですが、自分の肌に合わせて選択することです。

洗顔料は肌に必要なものまで取ってしまうことがあるので、回数や洗顔の方法をよく考慮しましょう。皮膚にこびりついた汚れを落とすために皮膚をゴシゴシこすったり、熱い湯で皮膚を洗い流して、肌ダメージを増やしてしまう人もいます。肌トラブルが起きる理由に、洗顔時に皮膚を傷つけたせいで、乾燥が進んだり肌が荒れたりすることがあります。肌タイプに合う洗顔料や、洗顔の仕方を知ることで、肌の保湿力を高められるようなスキンケアをしたいものです。

【クレンジングクリームおすすめ】美肌&毛穴ケアもできちゃう5選

コメントを残す