ムダ毛を処理するときに肌を傷つけないための注意点

自分の家でムダ毛を処理していればお金もかかりませんし、時間の合間をぬってできます。ただし、自宅でムダ毛を処理する際にカミソリや毛抜きを使っていると、毛穴の黒ずみや、肌の腫れを引き起こすことがあります。美しい状態をキープするには、自宅でのムダ毛処理はしないほうがいいという考え方もあります。

脱毛クリニックなどを使わずに自宅で処理をしている人の多くは、エステはお金がかかるので使いづらいと考えています。自宅で、カミソリを用いてムダ毛処理をする場合、肌荒れ対策として有効なことは何でしょう。不衛生なカミソリは雑菌が繁殖しているので、使用する場合は新しくて清潔なものを使用しましょう。皮膚がカミソリの刃で傷つくことがないように、慎重にムダ毛を剃りましょう。

肌が傷つくと、雑菌が侵入する恐れがあります。切れ味の悪くなったカミソリの刃をいつまでも使っていると、皮膚に引っかかりやすくなるのでよくありません。ローションやクリームをつけて摩擦のいい状態にしてから、ムダ毛を処理するようにしましょう。

クリームなどをつけずにムダ毛を剃ると、角質層に刃が引っかかり皮膚が切れたり削れたりします。ムダ毛の流れに沿うようにカミソリを使うことで、何度も同じ場所を剃らないように注意します。ムダ毛の処理が終わったら保湿クリームで肌を保護することで、無用な肌トラブルを防ぐことができます。

脇毛を自分で抜くのはやめましょう

コメントを残す